fbpx

知るだけで人生が変わる『健康』の本当の意味とは?

 

健康ってなんだろう?

改めて考えてみたいと思います。
 
日本で暮らしていると…健康に関する情報が波のように押し寄せてきますよね。
 
・ガンに効く食事法!
・病気にならない健康法
・○○を食べるだけで心臓病予防
 
というように、
 
◇病気でないこと
◇長生きすること
 
=「健康」と理解されがちです。。
 
健康診断がその典型!
僕は、これまで健康診断で引っかかったことは全くありませんが、
診断表には「今回は異常は見つかりませんでした」とコメントが出ます!
 
「誰しも何かしら異常があるはず」なんだけど、
「今回、あなたには見つかりませんでした」はというニュアンスですよね。。
 
 
書店に行き、ベストセラーコーナーに行くのも面白いです。
医学関係の真新しい書籍が、売れ行きベスト10の中には必ず入っています。
 
 
病気=不健康
病気じゃない=健康
 
そんな健康のあり方、皆さんはどう感じますか?
違和感ありませんか?
僕はおかしいと考えています!
 

WHOの健康の定義とは?

そもそも、WHO(世界保健機関)の憲章には、
健康はこのように定義されています。
 
「健康とはただ疾病や障害がないだけでなく、肉体的、精神的ならびに社会的に完全に快適な状態であること」
 
そう!
 
☆人生をフルパワーで楽しめる状態
☆何にもとらわれていない状態
☆体や心がブレーキにならない、スムーズ走行状態
 
これが、本当の「健康」なんです。
 
この定義に則ると、健康という言葉に奥行きが生まれます。
 

Pono reformが健康空間づくりを提供する理由

我々Pono reformが「健康空間づくり」を提供しているのには理由があります。
 
それは、「家」が心と体を癒せる空間であることが、
100%健康な人生を送るうえで欠かせないから。
 
そもそも、家は何のためにあるかと言うと、
 
・心身をリラックスさせるため
・活力ある日々を送るエネルギーを養うため
 
なんです。
 
しかし、残念なことに、日本ではそうした考え方はあまりありません。
 
家を建てる人にも、建設を担う建材メーカーやハウスメーカー、工務店や設計事務所。
彼らの言う「品質」は、「施主からクレームが出ない均一なクオリティ」ということであり、
健康という要素は、全くと言っていいほど含まれていないのです。
 
そこで、我々は「健康な住まい」に特化しているのです。
電磁波や空気の対策は、はじめの一歩。
 
皆さん自身が、大切な家族が、健康であれますように☆
Pono reformとの出会いが、暮らしを見直すヒントになれば嬉しいです♪

Pono reform代表のInstagram

代表プロフィール


健康空間づくりのポノリフォーム代表
  
新谷 暢敏
(あらや のぶとし)

 

 

大学卒業後、大手自動車メーカーに勤務。

体調不良が続いた経験から、

健康・食について独自に研究を始める。
  

通っていたマクロビオティック料理教室の先生の紹介で、自然食品・健康食品の卸会社に転職。

生産者や医療関係者とのつながりを深める。
 

その後、フリーランスで活動を開始。

電磁波障害を経験。
 
 
2017年

43年つづく建設会社・アラヤ工業を継ぐため

地元 札幌に戻る。

一般的な住宅がいかに健康リスクに溢れているか、その事実に気づきショックを受ける。

 
  
2018年

健康空間づくりのポノリフォームを事業化。

電磁波測定、アーシング、シックハウス対策(健康塗り壁)等をご提供。

これまでの経験、知識、最新技術を取り入れ、

健康で幸せな空間づくりに全力を尽くす。

人気No.1メニュー・熟睡空間プラン

PAGE TOP