fbpx

電磁波の影響を減らすイヤホンの選び方

電磁波の影響を減らすベストなイヤホン選び!

スマホを耳元で使うのは、脳に悪い!
これって、結構知られていることだと思います。
 
論より証拠。
こちらの図を見て頂くと、その影響が分かりやすいです。
↓↓↓↓↓
 
「電磁波 スマホ 脳」の画像検索結果
これは何の図かというと、
耳元でスマホを使った場合の、脳内の温度変化を表しています。
 
 
黄色→オレンジ→赤の順に温度が高いです。
そして、左から5歳児→10歳児→大人の順に並んでいます。
 
 
右端の大人の図を見るとわかる通り、
スマホから10cm程度の場所まで熱を帯びています。
 
 
ちなみに、子どもほど影響が大きいのは、
頭蓋骨が未発達だから。
 
スマホ育児は子どもの気を簡単に引けて良いですが、
脳には悪影響を与えていると、自覚した方が良いですね。。
 
 
大人の話に戻ります。
 
スマホを使う以上、電話をするシーンは必ずありますよね。
 
いつでもハンズフリーで離せるわけではありませんから(^^;
 
 
そこで、絶対にオススメしたいのが、イヤホンを使うこと。
 
 
通話時はもちろん、音楽を聴くときや動画を観るときにも、ぜひ使ってください。
これで、耳元→脳内への電磁波の影響を減らすことができます。

イヤホンによって電磁波の影響が変わる!?

ここまでの内容は、電磁波に意識を向けている方は、皆さんご存知だと思います。
ここからは一歩進み、ベストなイヤホン選びについてお伝えしましょう。
 
 
結論から言うと、ベストは
「エアチューブ式」のイヤホン!!
測定の数値を見れば、違いは一目瞭然です。
 

一般的なイヤホンの場合

こちらは、電子機器と接していない、通常時。

電圧計の数値は0.5Vです。

↓↓↓↓↓

 
では、スマホに繋いだ一般的なイヤホンに触れると…
数値は2.16Vに変化!!
 
 
0.1V以下が健康的な帯電量の目安ですから、
その20倍以上帯電していることになります。
 
↓↓↓↓↓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
※充電中のスマホで実験しています。
 
 
イヤホンは電線ですから、耳元まで電磁波は流れてきてしまうということです。。
 

エアチューブ式イヤホンの場合

それでは、エアチューブ式イヤホンの場合は!?
 
 
エアチューブ式イヤホンは、線の先が空洞になっており、
空気振動で音を伝える方式のイヤホンです。
 
電線じゃないので、電気を通しにくい仕組みになっているのです☆
 
 
数値は、0.659Vまで下がりました。
 
通常時が0.5Vですから、電気をほとんど通していないことがわかります。
 
 
音質は変わりませんし、マイク付きの物が市販されているので、使い勝手も問題なし。
 
 
・長時間スマホを使う方
・頻繁に通話をされる方
 
は、イヤホンを変えるだけで、電磁波の影響を1/4に減らせます。
 
価格は、1,000円ちょっとで買えます(^^)

音質は一般的なイヤホンと変わらないのが嬉しいですね♪♪

こんな感じです。

▼▼▼▼▼

※他にも「電磁波対策イヤホン」というような商品はありますが、

 この程度のスペックで必要十分!

 コスパ最高ですよ。

 

スマホの電磁波問題は、相談件数トップ3に入るほど、皆さん気にされています。

Wi-fiと合わせ、対策を考えておくと良いと思います。

札幌以外の方は、LINE@でご相談頂くことも可能ですので、
お気軽にご活用ください。
 
 
ーーーーーーーーーーーーー

Pono reform代表のInstagram

代表プロフィール


健康空間づくりのポノリフォーム代表
  
新谷 暢敏
(あらや のぶとし)

 

 

大学卒業後、大手自動車メーカーに勤務。

体調不良が続いた経験から、

健康・食について独自に研究を始める。
  

通っていたマクロビオティック料理教室の先生の紹介で、自然食品・健康食品の卸会社に転職。

生産者や医療関係者とのつながりを深める。
 

その後、フリーランスで活動を開始。

電磁波障害を経験。
 
 
2017年

43年つづく建設会社・アラヤ工業を継ぐため

地元 札幌に戻る。

一般的な住宅がいかに健康リスクに溢れているか、その事実に気づきショックを受ける。

 
  
2018年

健康空間づくりのポノリフォームを事業化。

電磁波測定、アーシング、シックハウス対策(健康塗り壁)等をご提供。

これまでの経験、知識、最新技術を取り入れ、

健康で幸せな空間づくりに全力を尽くす。

人気No.1メニュー・熟睡空間プラン

PAGE TOP