fbpx

STOP!スマホ育児!電磁波にわが子をさらさない意識を!!

スマホ10㎝圏内が電磁波危険ゾーン

子育てをしていると感じます。

子どもって、スマホが大好き!!

私の息子は1歳ちょいですが、虎視眈々とスマホを狙っています。

子どもは親が使っている物に興味を持つし、

音が鳴る、動画が流れる…と、子どもを引き付ける要素が満載なんですよね!

 

しかしながら、わが家では一切スマホを触らせません。

寝室では機内モード。

寝る前に1曲だけ歌を聴かせていますが、

画面を見せることはなく、息子も手を伸ばそうとはしません。

 

世間一般では、スマホ育児が当然のように行われていますが、

電磁波測定士の私からすると、

スマホ育児は絶対にNG!!

その根拠が、こちらの図です。

▼▼▼▼▼

携帯電話からの電磁波放射の度合いを図にしているのですが…

左端が5歳児。

携帯電話を左耳に当てると、脳内の7~8割のエリアに電磁波が放射されているのがわかります。

子どもは頭蓋骨が完全に固まっておらず、外部からの影響を遮断できません。

その状態で、携帯電話・スマホの電磁波に晒されると、

脳の広い範囲に影響を受けてしまうのです。

電磁波と疾患の因果関係とは?

みんなしてるし、今のところ何も問題ないから平気でしょ!?

と、お考えの方に知って欲しい!

電磁波が子どもに与える影響については、すでに様々な報告がされています。

海外ではすでに国レベルで対策がとられており、

日本が異常にゆるい!世界基準から周回遅れ!という状況です。

 

『バイオイニシアティブ報告書2012』には、

以下のような報告がまとめられています。

(https://bioinitiative.org/

(世界的に著名な電磁波健康影響に関する研究をまとめたレポートです。)

※Pono reformに写しがあるので、閲覧希望の方はお伝えください。

 

□幼少期から携帯電話を使用してきた若者の20代での脳腫瘍の発症が5倍になる。

□脳腫瘍以外にも、白血病、アルツハイマー病、ALS、自閉症の発症リスクを高める可能性が示されている。

□電磁波の発生源が急激に増加しており、低レベルでの継続的な電磁波(高周波)暴露が、睡眠障害、記憶・認知機能障害、脳波の異変にも影響している

□電磁波被爆の感受性の高い人々は、胎児、乳幼児、児童、高齢者、慢性病患者、電磁波過敏症発症者

 

『バイオイニシアティブ報告書2012』は、1000ページ以上にもわたるレポートで、

過去10数年にわたる電磁波の健康影響についてまとめたものです。

これほどの研究結果がまとめられているのに、日本では電磁波に関する理解が進まない。

我われ電磁波測定士が、もっと頑張らねば!と思います。

海外の子どもの電磁波対策事例

日本は、世界標準と比べ、電磁波の規制があまりにゆるい!

国レベルでの対策がなされていないので、

国民も電磁波の健康リスクをまるで認識していません。

最近、子どものスマホ使用時間が報道されていましたが、

小学生の頃から1時間以上使っているというじゃありませんか!

(※高校生は平均3時間以上

 

海外では、すでに、こうしたルール作りがなされています。

▼▼▼▼▼

・フランス⇒12歳以下の子どもへの携帯電話の広告の禁止、6歳以下への販売禁止

・イギリス⇒16歳未満の小児には携帯電話の使用を控えるよう勧告

・ドイツ⇒小児と妊婦に対して携帯電話の使用制限を始動

・カナダ⇒8歳以下の小児は緊急時以外携帯電話を使用してはならず10代は使用時間を10分までと勧告

・韓国(ソウル市)⇒小学校では携帯電話の持ち込みを禁止。中高学校では登校時に携帯電話を集め下校時に返却する。

 

今回は、ハード目な内容をお伝えしました。

海外と比べ、

いかに日本のスマホのとらえ方が甘いか、

安易に子どもにスマホを与え過ぎかがわかったかと思います。

 

STOP!スマホ育児!

今、子どもの注意をそらすこと

未来の子どもの健康を守ること

あなたはどちらを取りますか?

Pono reformのLINE@

イベントの先行案内やお得な情報をお届けしています。
LINE@上での質問や相談も受付けています☆
 
 
登録頂いた方限定で、睡眠を変えたい人のための最新熟睡メソッド
『デトックス・スリープ・メソッド』特典レポートをプレゼント中!!
 
・熟睡するための理想のサイクル
・今夜から熟睡できるメソッド
・睡眠の質を上げる7つのデトックス
 
眠りに不満を持つ方にオススメです。
 
▼▼▼▼▼
 

Pono reform代表のInstagram

代表プロフィール


健康空間づくりのポノリフォーム代表
  
新谷 暢敏
(あらや のぶとし)

 

 

大学卒業後、大手自動車メーカーに勤務。

体調不良が続いた経験から、

健康・食について独自に研究を始める。
  

通っていたマクロビオティック料理教室の先生の紹介で、自然食品・健康食品の卸会社に転職。

生産者や医療関係者とのつながりを深める。
 

その後、フリーランスで活動を開始。

電磁波障害を経験。
 
 
2017年

43年つづく建設会社・アラヤ工業を継ぐため

地元 札幌に戻る。

一般的な住宅がいかに健康リスクに溢れているか、その事実に気づきショックを受ける。

 
  
2018年

健康空間づくりのポノリフォームを事業化。

電磁波測定、アーシング、シックハウス対策(健康塗り壁)等をご提供。

これまでの経験、知識、最新技術を取り入れ、

健康で幸せな空間づくりに全力を尽くす。

人気No.1メニュー・熟睡空間プラン

PAGE TOP