fbpx

無垢材にすればいい家になるというウソ

無垢材は絶対ではない

良い家を建てたいと思ったとして、

「良い家」とは何なのでしょう?

考えたことはありますか?

 

最近のトレンドだと

□安全性が高い

□燃費がいい(光熱費が安く済む)

□居心地がいい

 

このあたりが、「良い家」のキーワードかと思います。

そして、快適性や家族の健康のことまで考えると、シックハウスにならない・空気がキレイな家を「良い家」と考える方も増えてきていると思います。

ハウスメーカーの中だと、一条工務店が「超健康住宅」シリーズを展開。

札幌だと、ホーム企画センターが「炭の家」を展開しています。

いずれも、健康に良さそうな見せ方をしていますよね。

他にも、「自然派住宅」をウリにしている工務店もあります。

無垢材のフローリングや漆喰といった自然素材を取り入れていると

確かに気持ちよさそう!

そして、「無垢材は呼吸する材料」(だから空気がキレイ)だとか

「合板フローリングと比べ接着剤を使っていない」(だからVOCが少ない)という点をアピールしています。

 

シックハウスや化学物質過敏症について少しでも知っている人なら、空気がキレイな「良い家」を作りたいと考える。

「良い家」を建ててくれそうな、天然材料を使っている工務店を探す

床や柱に無垢材を使った家を建てる

ついでに換気設備も良いモノを入れる

という風に家づくりを進めていきます。

たしかに、無垢材のフローリングは気持ちいい!

合板フローリングのような、ヒヤっと冷たくなく、肌触りも良いですよね。

予算にゆとりがあるなら、天然素材を使えた方が、そりゃあ良い家になります。

ただ…

「天然素材を使っていれば空気がキレイな家になる」というのは大きな誤解です。

思わぬ落とし穴について知っておいた方が良いでしょう。

 

天然素材もVOCは出している

まず、「無垢材は呼吸する建材である」という漠然と良いモノな雰囲気は疑うべきです。

合板フローリングやビニールクロス(一般的な壁紙)に比べれば湿気を吸ったり吐いたりはしますが

珪藻土と比べると、「調湿性能に優れている」というレベルではありません。

 

また、「無垢材は呼吸する建材である」だから「空気をキレイにする」というのも大きな誤解です。

仕事柄、新築の住まいにお邪魔する機会が多いですが…

無垢材の家は、新建材(合板フローリング、ビニールクロス等々)の家と比べ、新築時の空気は比較的マシですが、

新築臭がするのは確か。

理由は…

理由1:建具には合板なりプラスチックの材料や塗料が使われているから

無垢材を使っていると言っても、食器棚やクローゼットの中まで無垢材なわけではないため

どこかに合板は紛れ込みます。

そうした材料が多いスペースほど空気が汚くなります。

(特にキッチンは要注意!!)

 

理由2:無垢材そのものからもVOC(揮発性有機化合物)が発生するから

意外な事実ですが…

空気を汚す原因・VOCは、ビニールクロス、接着剤、フローリング等の新建材だけから出ているわけではありません。

実は無垢材の材料そのものからもホルムアルデヒド等のVOCは発生します。

※エビデンスのデータを見たい方は、スタジオまでどうぞ

 

と、言うのも、ホルムアルデヒドは自然界にも存在する物質。

濃度が低いってだけで、自然の材料にも含まれています。

無垢材をふんだんに使い、流行りの高気密高断熱にして、密封状態にすると…

当然VOC濃度は上がってしまいます。

この事実を知らずに、無垢材を使ったから森の中のような清々しい空気の家が建つはず!と考えていると…

予想外の空気の汚さにがっかりしてしまうことでしょう。。

まとめ・無垢材を妄信しない。空気は確実な方法でキレイにしよう!

まとめます。

無垢材からもホルムアルデヒドは出ます。

そのため、闇雲に無垢材を使うのはやめましょう。

予算がたっぷりあるなら、どんどん使えば良いですが、

「無垢材だから空気がキレイ」と考えるのは危険です。

特に、化学物質過敏症の方は、せっかく天然素材で建てたのに住めない!という悲しい結末にならないよう要注意です。

 

僕のオススメは、無垢材にお金をかけるより、

100%確実にVOCを処理できる方法を取り入れること。

 

例えば、各部屋の一部に健康塗り壁を取り入れるという作戦はオススメです。

(↑リビングの壁・1面だけ健康塗り壁を塗ったケースや天井だけ塗ったケースもあります。)

 

無垢材を使うよりコストは低く、かつ空気はキレイになるので、やってみる価値はあります。

(リフォームで採用もOK!DIYもできます!)

 

空気をキレイにする手法を優先し、予算が余れば無垢材を取り入れる。

この順番で考えたら良いでしょう。

 

最後に…

空気がキレイな家にするために、お高い工法は必要ありません。

3~5万円程度でできる作戦もあるし、

20~30万円プラスすれば家全体の空気をキレイにできちゃう作戦もあります。

いずれにせよ、無垢材よりは絶対に安価!かつ確実!

無垢材だから空気がキレイという間違った情報に流されず、

確かな方法を取り入れてくださいね。

関連記事

  1. カビを一発で撃退する方法

  2. 健康な住環境はいくらで作れるの?賃貸のお部屋編

  3. 食べ物より水より空気が大切な理由

  4. アレルギー・アトピーの方に知って欲しいカビリスク

  5. 「除菌疲れ」にならないためのコロナ対策3つのルール(一般向け…

  6. 化学物質過敏症対策&電磁波過敏対策マニュアルが完成しました!…

PAGE TOP