fbpx

3秒でできるスマホの電磁波対策!

スマホの電磁波と上手に付き合う

スマホは、今や生活に欠かせないもの。

日本人の80%以上に普及していると言われていますが、

この数字は60代以上の人も加えたもの。

10~30代に限ると、約90%の人がスマホユーザーです。

 

私は今年で31歳。

スマホを使い始めたのは25歳。

※iidaのINFOBARというおしゃれなスマホを使っていました。

最初で最後のAndroid端末でしたね^^;

 

使い始めたその日から、便利さに驚いたのを覚えています。

パソコンでやっていたSNSが、どこにいても瞬時に利用できる!

地図を瞬時に取り出せて道に迷わない!

カメラの画像がきれい!

 

生活のあらゆる側面で、劇的な変化がありました。

もう、ガラケーには戻れません。

 

そう!!

スマホは生活を便利にしてくれました。

それは間違いない。

 

しかし!!

付き合い方を考えなければ、

メリットと同等のデメリットも被ってしまいます。

 

マメ知識は色々持っていますが…

ポノリフォームの健康コラムらしく、

「3秒でできるスマホの電磁波対策」を紹介します。

電磁波対策の結論!スマホは充電しながら使わない

↑↑これ、あかん使い方です。

コンセントで充電しながらの使用は避けましょう。

理由は簡単。

コンセントに差して使っていると、

コンセント経由で電場の影響を受けるから。

 

>>電磁波で皮膚がやられた件

この健康コラムにも書きましたが、

私はスマホとノートPCの多用で指の皮膚をやられた経験があります。

その当時は電磁波の知識もなく、スマホもノートPCも常にコンセントに繋ぎながら使っていました。

常時、全身(特に指先)が電場に晒されていたのです。

 

スマホの電磁波対策のポイント

では、もう少し詳しく、スマホの電磁波対策をお伝えしましょう。

 

<スマホの電磁波対策の手順>

○就寝時や休憩時に充電する

○充電器から抜いて使う

○使わないタイミングで充電する

この繰り返しをオススメします。

 

と、この方法だと、苦情がきそうですね。

「スマホの充電切れ=死」ぐらいに感じている方も多いでしょうから。

(特に若い方)

フル充電に近い状態にしておかないと不安な気持ちはわかります。

 

そういう方には、この方法をオススメ。

<スマホを充電しながらの電磁波対策>

スマホを充電しながら使いたいなら、以下の方法がオススメです。

○スマホはコンセントに繋いでいないノートパソコンのUSBポートで充電

又は

○チャージ済みのモバイルバッテリーで充電

又は

○車のカーポートで充電

 

とにかく、コンセントにつないだ状態で使わない!

これが電磁波対策のポイントです。

モバイルバッテリーは直流の電気です。

車のカーポートも同様。

充電はされるけれど、電磁波は発生しないので、身体への影響を抑えられます。

 

ただ、ノートパソコンがコンセントに繋がっていると、

コンセント経由で電場が発生するので効果はありません。

この点は注意が必要です。

スマホの電磁波の影響を減らす方法をお伝えしてきました。

まずは3秒でできる方法をお伝えしましたが、

これはまだまだ序の口。

「電場」を防ぐ方法でしかありません。

スマホの場合、「高周波」の影響も大きいです。

こちらは対策が複雑、

というか「スマホ習慣の見直し」が必要になる内容です。

詳しい内容については追ってお伝えします!

Pono reform代表のInstagram

代表プロフィール


健康空間づくりのポノリフォーム代表
  
新谷 暢敏
(あらや のぶとし)

 

 

大学卒業後、大手自動車メーカーに勤務。

体調不良が続いた経験から、

健康・食について独自に研究を始める。
  

通っていたマクロビオティック料理教室の先生の紹介で、自然食品・健康食品の卸会社に転職。

生産者や医療関係者とのつながりを深める。
 

その後、フリーランスで活動を開始。

電磁波障害を経験。
 
 
2017年

43年つづく建設会社・アラヤ工業を継ぐため

地元 札幌に戻る。

一般的な住宅がいかに健康リスクに溢れているか、その事実に気づきショックを受ける。

 
  
2018年

健康空間づくりのポノリフォームを事業化。

電磁波測定、アーシング、シックハウス対策(健康塗り壁)等をご提供。

これまでの経験、知識、最新技術を取り入れ、

健康で幸せな空間づくりに全力を尽くす。

人気No.1メニュー・熟睡空間プラン

PAGE TOP